2014年05月11日

関内随一のスペイン料理

ランチプレート

 1970年創業の老舗スペイン料理店。関内ではかなり知られたお店です。
 関内店の外、目黒店もあります。

 各店のシェフはスペインの一流レストランで本場の料理を学んだ本格派だそう。
 スペインの何処の地方ということはなく、国内各地の代表的な料理が味わえるそうです。
 スペイン料理というものを、実はパエリアくらいしかわかっていない私ですが、とりあえずここの料理が美味しいことだけは認識しています。

 店内は、スペイン!という感じ。イベリア半島なイメージです。
 店員さんも場末のお店といった感じではなく、本格的な西洋料理店だということがわかります。

『カサ・デ・フジモリ 関内店@日本大通り』
 
 ランチプレート(890円)

 すみません。メニューをメモしてくるのを忘れました。
 魚料理は白身魚のソテー。肉料理は子羊のローストでした。
 ランチは、それにサラダ、スープ、パンorライスが付きます。

 白身魚はいい焼き加減で、ナイフを入れるまでもなくほろっと崩れました。
 塩加減もよく、流石。
 白豆が敷き詰められており、まあ、正直豆はそれほど好きではないのですが、これと魚がよく合います。

 子羊のローストは、ちょっと筋張っていて固かったかな。
 それでも、ナイフを入れて口に運ぶとそんなことは気にならないくらい口の中に広がる旨味。
 これまた、流石です。

 パンも好きだし、ゆっくり出来て、ここのランチ好きだわ。
 コストパフォーマンスもいいし、また来たいです。ごちそうさまでした。

カサデフジモリ

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:スペイン料理 | 日本大通り駅関内駅馬車道駅

posted by みやっち at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96167020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック