2011年10月22日

有川浩「シアター!」

【送料無料】シアター!

【送料無料】シアター!
価格:641円(税込、送料別)



 小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。
 司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。
 新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。

 この作品は、同作者の著作である『図書館戦争』がアニメ化された際、声優として参加していた沢城みゆきさんが所属している「Theatre劇団子」から影響を受けて誕生した作品だそうです。
 全体的な流れとしては、弟が主宰するジリ貧劇団を潰して弟を演劇から足抜けさせようとしたら、いつの間にか兄の方まで徐々にはまっていきコンサルタントのようになっちゃって、徐々に劇団がプロ化していくというお話。
 有川浩作品らしい軽快な作品で、設定を深くは掘り下げないけど入り込めるだけの設定はあるといった形で読みやすいです。
 あっちこっちで淡い三角関係が発生しており、いつもどおり恋愛要素もバッチリ(笑)
 演劇について、どこまで真に迫っているかはわかりませんが、その業界の一端を垣間見られたのは興味深かったです。
タグ: 小説 書評
posted by みやっち at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54225071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック