2011年08月17日

釜山から成田へ

金海国際空港

 韓国最終日。取った便は午後でしたが、空港までは少しあったので、お土産を買ったらもう空港へ向かう時間。
 ということで、今日は過去のネタを。


缶ジュース

 まずは缶ジュース。日本では350ml缶が主流ですが、韓国では250mlが主流。日本で昔よく見かけた細身の缶の量です。
 お値段もまあ安いのですが、250mlだと随分少なく感じてしまいました。慣れでしょうか。昔は250mlを当たり前のように買っていた気がしますが。


蝉

 そうそう、蝉。日本でもお馴染みの「みんみん蝉」や「つくつくぼうし」の鳴き声が聞こえました。
 ただ、向こう独特の叩き付けるような大きな鳴き声の蝉もいました。あの蝉、なんて名前なんだろうなあ。


機内食

 まあ、そんなこんなで機内食。釜山から成田までは比較的近距離なので、帰りの機内食もやはり軽食。
 ビールを呑みながら行きに見終わらなかった『岳』を最後まで視ようと思っていたのですが、やはりというか、子供と遊ぶことで手一杯でかなり中途半端な時間で成田へ到着。これは帰ってからDVD借りないとなあ。


ラウンジ

 成田空港へ到着して、取り敢えず一休み。『IASS Executive Lounge』へ。
 空港のラウンジ、一度入ってみたいなあと思っていたけれど、なるほど、こんな感じなのかあ。
 ポイントとしては、ビールがタダで飲めます。まあ、それだけかも知れませんが。


鮪5貫

 成田空港からは行きと同じくリムジンバスでYCATへ。
 日本に帰ってきたら、取り敢えず日本食が食べたくなるもの。YCATからその足でエレベーターを上がり、スカイビルの『回し寿司 活 横浜スカイビル店』へ。バスを降りて5分で行けるのは魅力。

飴 残念ながらというか、この日は横浜の花火大会の日で、横浜駅のお店はどこも物凄い混みよう。こちらも30人を大きく超える人数が並んでました。
 でもこちら。それだけ並んでも、30分くらいで順番が回ってくるんですよね。実に回転が良くて助かります。
 この日は初めてテーブル席に座りましたが、ゆったりして良いですね。100円寿司の快適さで上級回転寿司のネタ。回転寿司としてはほぼ最強ですね。

 この日注文した「鮪5貫」、ネタはやはり本家『寿司の美登利』にはほど遠いですが、回転寿司のネタとしてはかなりのものです。お値段も手頃でいいなあ。

 そうそう、今回もまたお子様寿司を注文したのですが、これを注文すると1回だけルーレットをすることができます。今回は、なんとそのルーレットが当たりまして。景品に飴を頂きました。
 結構大々的に当たりコールをされるので、ちょっと恥ずかしかったり。でも、こういうエンタテイメント性も回転寿司には重要ですよね。

回し寿司 活 横浜スカイビル店回転寿司 / 横浜駅新高島駅高島町駅

夜総合点★★★★ 4.5

posted by みやっち at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48070321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック