2011年05月02日

万城目学「プリンセス・トヨトミ」



 『鹿男あをによし』などの作品のある作家さんの作品。
 実は、読んだのはしばらく前。読んだ後に映画化の話を聞いて、先に読んでおいてよかったなと。横浜市の図書館、ちょっと映像化されると、予約しても1年待ちなんですよね。

 この作家は、歴史に引っかけた作品が多く、この作品は豊臣秀吉や大阪城と大きくリンクした作品になっています。内容は読んでのお楽しみ。
 設定自体はあり得ないものばかりで、全くの「読み物」なのですが、謎解きの要素も相俟って、その「設定」が作品に面白さを加味しています。
 ただ一点。あの主人公の特殊な設定は必要だったのかなあ、と。セーラー服、なくてもよかったんじゃなかろうか。
タグ: 書評
posted by みやっち at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46401469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック