2011年02月17日

高殿円「トッカン」



 国税庁の特別国税徴収官、略して「トッカン」。
 この小説をかなり大雑把に言うと、そのトッカンと主人公の新米徴収官による、税金の取り立ての話です。
 個人的に国税専門官には友人知人が多く、仕事上も関係がないわけではないので、ちょっと興味があって読み始めました。
 安定が欲しいという理由で公務員になった主人公。作者の取材が甘く、税務署さんは絶対そういうことはやらないだろってことなど、幾つかおかしなところがありましたが、主人公が成長していく様は、読んでいて楽しかったです。
posted by みやっち at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43733704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック