2021年03月18日

本好きの下剋上 第五部「女神の化身2」

※3/12
 貴族院3年生。前巻で大量に共同研究を抱え込んだエーレンフェストですが、この2巻ではダンケルフェルガーとの共同研究がメイン。

 中央図書館の地下書庫を巡って、更に王族とズブズブと関係が深くなっていくローゼマイン。ダンケルフェルガーとの共同研究で、遂に王とも面識を持つことになります。保護者は実に胃が痛いでしょうね笑

 そして、この巻の山場は、なんと言ってもダンケルフェルガーとの嫁取りディッターでしょう。ローゼマインの重要性を各領地が気が付き始めてしまいました。まあ、常識離れした数の神々から祝福を得て、神具を同時に複数扱え、常人にはない発想の持ち主。2年連続最優秀の頭脳。領主になるつもりはないと言う(端から見れば)控えめなところも相まって、まあ、多少病弱でも、跡取りの嫁にと狙われますよね。

 ただでさえ、ローゼマインと釣り合わないヴィルフリート。耐えきれるでしょうか。
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188499082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック