2020年02月15日

伊勢佐木町探偵ブルース

※2/12
 「謎解きはディナーのあとで」等で知られる東川篤哉さんの新シリーズ。勿論、今回も探偵小説。
 主人公は、伊勢佐木町で探偵事務所を構える桂木圭一。その彼が、依頼と関係する刑事事件を、母親の再婚相手の息子、伊勢佐木警察署の刑事である一ノ瀬脩との奇妙な連携で解決していく、という話。

 4話のオムニバス形式での収録で、軽いタッチで書かれていて読みやすいです。
 主人公が優秀なのかそうでないのか、脩がエリート一家の出身なのに、なぜ警察署の、しかも刑事をやっているのか疑問、とか、色々ありますが、まあ、お話。
 続刊があれば、また読みたいです。
posted by みやっち at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187162455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック