2019年04月24日

【横浜】ヤクルトvs横浜(セ第1回戦)

※4/2
ヤクルト横  浜

会場:神宮
勝:近藤 一樹(1勝0敗0S)
S:石山 泰稚(0勝1敗2S)
負:S.パットン(0勝1敗0S)
本:
(ヤクルト)青木 宣親 1号 ソロ(4回)

 東京ヤクルトスワローズvs横浜DeNAベイスターズ(セ・リーグ第1回戦)

 ホーム開幕カードを勝ち越しての、ビジター3連戦。
 裏のエースに指名されたのは、ドラ1上茶谷。かなり期待されてます。

 今年から、神宮の試合がDAZNで見られなくなっちゃったんですよね。よりにもよって、ヤクルト戦。
 ヤクルト戦って申し訳ないですが人気がなくて、テレビでもラジオでも中継がないんですよね。これでDAZNでも見られないとなると、もう神宮の試合は諦めるしかない。
 ということで、今年は一年ハイライトで我慢です。

 上茶谷、横浜のドラ1らしく、いいピッチングしましたね。山田バレンティンから計5奪三振。リーグ戦初先発でこれは、十分です。
 青木からホームランで1点取られましたが、それはそれ。ただ、よくホームランを打たれるなという印象はありますが。

 パットンは…お給料分のお仕事を期待したいところ。

 しかし、佐野。凄いですね。今のところ開幕から全打席タイムリーだそうで。今回も、同点タイムリー。
 元々勝負強いところはありましたが、今年は見事な代打の切り札。このままでいけば、近いうちにスタメンも狙えるかというところ。
posted by みやっち at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今夜は野球観戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185911931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック