2019年04月23日

【横浜】横浜vs中日(セ第3回戦)

※3/31
横  浜3×中  日

会場:横浜
勝:山ア 康晃(1勝0敗0S)
S:−
負:小熊 凌祐(0勝1敗0S)
本:
(中日)ビシエド 1号 ソロ(6回)

 横浜DeNAベイスターズvs中日ドラゴンズ(セ・リーグ第3回戦)

 開幕三連戦の最後のカードは、平成30年度最後の試合。
 28日に亡くなった、近藤元監督の追悼試合ということで、選手たちは喪章をつけての試合となりました。

 先発は、井納。開幕ローテーション、間に合いましたね。
 失点はあったものの、打たせて取るピッチングで幾度となくピンチを乗り切って、勝負強いところを見せてくれました。流石、日本シリーズ開幕投手。
 エスコバーがホームランを打たれたものの、三嶋パットン山崎と、横浜の勝利の方程式でのキッチリとした流れ。

 そして、最後は代打佐野のサヨナラ打。今季初サヨナラですね。佐野もプロ2回目のサヨナラだそう。なかなか先発の牙城は崩せないところですが、代打の切り札としての地位はしっかり築きました。頼りになります。
 ソトが負傷欠場でも、戦線を立て直せる今年の横浜、いいね。

 開幕カード勝ち越し。久々?昨年は、5月くらいまでだいぶ寒い内容でしたからね。
 中日は、これで1033日負け越しが決定だそう。なかなかない記録。昨年も開幕から連敗して、そのままシーズン中一度も借金を返せなかったんですよね。
posted by みやっち at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今夜は野球観戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185911917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック