2019年02月15日

第17回TCK女王杯観戦記

TCK女王杯

 今年最初の交流重賞、大井競馬場のTCK女王杯
 まだ日中の開催なので、流石にお客さんは疎らです。

 直前のオッズからは、JBCレディスクラシック2着のラビットラン一強に、上がり馬のエイシンセラードとクイーン賞のアイアンテーラーが挑む構図かなと思われました。
 私としては、地元のクレイジーアクセル推しでしたが。
 
ジョッキー整列

 会社を早退きしての参戦なので、着いたときにはパドックが始まりかけていました。
 先日の東京大賞典のときとは打って変わって、簡単に最前列に入れる状態(笑) じっくり見ることができました。


ラビットランとM.デムーロ

ラビットラン

エイシンセラードと福永祐一

エイシンセラード

アイアンテーラーと濱中俊

アイアンテーラー

クレイジーアクセル

クレイジーアクセル

 どの馬も、パドックの様子は悪くない。敢えて言えば、クレイジーアクセルが若干入れ込んでるかな、というくらい。馬体重の大きな増減も余りなく、それほど波乱はないのかなという感じでありました。


誘導馬

 ところが、蓋を開けたらびっくり。
 クレイジーアクセルが上手いことハナを切って、その後をアイアンテーラーエイシンセラードが続いたところまではほぼ予想どおり。


最後の直線と響めき

 しかし、このまま行くかなと思っていたら、3コーナーからビスカリアが上がってきて、これは拙いなと思った瞬間、あっと言う間に直線で前に出て独走。
 気が付いたら2番手にはスタートで出遅れたはずのマルカンセンサー。マジか、的場さん。


あわや百万馬券

 結果、もう少しで100万馬券の高配当という大波乱の結末。
 もう、本当に「場内が響めいています」状態でね。
 まあ、ここまで見事に人気馬が来ないと、もう笑うしかない感じでしたが(笑)


勝利ジョッキーインタビュー

 勝利ジョッキーインタビューで、森騎手が「この馬の仕掛けどころはわかっていた」というような話をしていたのが印象的でした。

 しかしなあ、来週の川崎記念で取り戻さないと辛いなあ。
posted by みやっち at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185505028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック