2018年09月14日

横浜vs巨人(セ第22回戦)

プレイボール

 横浜vs巨人のセントラルリーグ第22回戦です。
 逆転クライマックスシリーズへの切符をかけた、ギリギリの戦いであります。
 また、いつもの元同僚と2人で。
 
先発は井納

 先発の井納。瞬きしている間に点を取られると評判だったけれど、ここのところは絶好調。今日もナイスピッチング。


打つ井納

 打席も打つ気満々で、得点に絡むヒットも出ました。ホント、打つの好きだなあ。
 7回に大城にホームランを打たれるまでは、完封ペース。


急遽三上登場

 打たれた後、急にマウンドを降りて三上登場だったので、どうしたのかなと思ったら、腕の張りを訴えての降板だとか。大事ないといいですが。


まずは筒香

続けてソト

 ホームランも2本。
 またソロですが、筒香ソトの2者連続ホームラン。盛り上げる盛り上げる( ̄∀ ̄)


コリジョン

 しかし、今日の試合は奇妙なことが多かった。桑原がバックホームでアウトになって、猛抗議


審判からの説明

大城には厳しい判定

 最初、見ている方もよくわからなかったけれど、なるほど、大城がベースを塞いでたのね。リクエストで覆って、コリジョンだそう。初めて見た。
 しかし、覆ったのにカウントもおかしかったし、何だか今日の審判はおかしい。


わかりにくいけど本降り

 保つかなあと思ったら、8時過ぎから本降り。何故、雨天コールドにならないのか不思議なレベル。甲子園なら雨天コールドにしてますよ?


観客も疎ら

 周りのお客さんは、どんどん帰っていきました。


土を入れる

 グラウンドも回が終わるごとに土を入れてましたしね。


パットン登場

 そして、今日最大の荒れ場。
 8回にパットンが登場。最初から、あんまり期限が良さそうじゃないなとは感じていましたが。


スパイクに土

 タイムリーを打たれた後、1アウト二塁の場面で岡本。


岡本がベンチへ

 きわどい球が手に当たったけれど、誰の目にも明らかなスイング。それを審判がまさかのデッドボールの判定。


マウンドに立たないパットン

 怒るパットン。マウンドに立たない。それはそうだろう。
 ここで、ラミレス監督もリクエストするも、覆らず。


パットン退場

 激怒のパットン。光山コーチが抑えるも、グローブを地面に叩きつけて、退場処分。
 ブーイングで騒然となるハマスタ。


三嶋が抑える

 その後、砂田三嶋としっかり抑えて。


山崎

 最後は山崎


マウンド水たまり

 マウンドが完全に水たまりになってましたよ(^−^;


勝利

 締めて30セーブ達成。


ヒーローインタビュー

ヒーローインタビュー2

 何とも釈然としないけれど、勝って首の皮が繫がって良かった。
posted by みやっち at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今夜はスポーツ観戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184475610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック