2018年03月09日

カレーの概念が覆る一皿

外看板

 マツコの知らない世界を観ていたら、会社の近くのお店が紹介されていたので、行っちゃった(笑)
 シャリランカカレー@横浜市中区山下町。中華街の中にあるお寿司屋さん『辰すし』をランチタイムのみ間借りしたカレー店。複雑(;´д⊂)

 間借りカレーということで、本来はお寿司屋さんの場所を借りて営業しているわけですが、お寿司屋さんとカレーが結びつかず。
 でも、聞いてなるほど。厨房に立っている2人のうちの1人がお寿司屋さんの若大将なのね。なんでも、お友達なんだとか。
 しかし…。お寿司屋さんに見えない(失礼)

 混んでるだろうなという覚悟の元訪問したので、待たされるのは覚悟しておりましたが。カレーが出てくるまで、ザッと30分弱かかりました。
 カレー自体の作りも丁寧ですし、数を作るタイプのお店ではないので、ちょっと混み始めるとなかなか難しいようです。しばらく経ってから行くといいのかな。
 
デラックス

和風スープ

シャリランカカレーデラックス(1,350円)


 レギュラーにしようか迷ったのですが、「男は黙ってデラックス」と書かれていたので、デラックス(笑)

 一見してカレーに見えないこの一皿。ご飯はなんと酢飯。そう、舎利。だから、シャリランカか。駄洒落じゃん(笑)
 そして、その舎利の上には鯖味噌カレー。周りの鰹出汁を感じる餡も、カレー風味。おお、これはやっぱりカレーなんだな。
 そして、更にその上には鰤と間八の和山椒マリネ。これがまた旨い。山椒もいい感じ。流石、お寿司屋さんが作ってるだけある。
 ガリも乗っていて、本当にカレーと寿司のコラボレーションなんだな、と。

 そして、カレーの上にはもう一つ。鰹節?ふうんと思っていたら、これ、モルディブフィッシュというそうですね。スリランカに鰹節と似た食材があるのは知っていたのですが、これがそうなのか。
 そして、シャリランカの謎も全て解け…。

 あとは、緑の付け合わせ。毎日変わるそうですが、今日は芽キャベツとオクラの土佐煮。

 デラックスには、メカフライとマグカラが付きます。
 メカフライは、メカジキのフライ。マグカラは鮪の尾のところの唐揚げ。どちらも、若大将が直前に揚げてくれます。ということで、どちらもアツアツのサクサク。
 かかっているのはソースだと思ったら、ツメだ。穴子なんかに掛かってる、あれ。流石、カレーと寿司のコラボレーション。

 全てが魚。これは面白い。カレーの概念が覆る一皿。ごちそうさまでした。



関連ランキング:カレーライス | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

posted by みやっち at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の昼食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182620924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック