2017年03月19日

四川の煮込みが凄い

杜記@元町・中華街

 久しぶりに、横浜中華街は中山路の路地裏にあるこちら、杜記。
 本格四川料理、特に刀削麺のお店として有名です。私はここでは刀削麺はいただいたことはありませんが(^^;

 冬の寒いときには、ここの料理が食べたいなと思っていたのですが、結構人気店なんですよね。行列ができていて、何度か諦めていました。
 ここの面白いところは、お客さんの層が、サラリーマンと中国人がほとんどで、観光客がほぼ皆無なところ。路地裏だから、そもそも一見さんはほとんど来ないですが、ここまで地元客が多くて列が出来るお店も珍しいんじゃないかな、と。
 
水煮魚片ランチ

水煮魚片ランチ(680円)


 要は、白身魚の四川風煮込み。
 横浜中華街でも屈指の激辛メニューで、辛いのが好きならオススメ。

 料理自体は、白身魚ともやしと胡瓜がほとんどで、それがラーメン丼いっぱいに入っているシンプルなもの。だが、これが旨い。
 スープもなみなみと入っていて、煮込みというよりもスープ料理な感じ。

 それに、何が凄いかって、スパイシーさ。写真で見てもわかるとおり、スパイスがたっぷりであります。もう、いったいどのくらい鷹の爪が入ってるのかなというくらい。
 辛さも半端ではないです。ラーメンで例えるならば、蒙古タンメンよりはよっぽど辛いです。中華街でも相当に辛い部類です。

 気が付くと、周りはみんなこれでした…。って、みんな中国人だ。本場の人が選ぶメニューなのか(^^;
 ただ、ご飯のお供としては、あんまり合わないのかな。この煮込みだけで完結しちゃう。ごちそうさまでした。



関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

posted by みやっち at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の昼食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179137807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック