2017年01月20日

現代の名工が作る中華

東園

 関帝廟通りにある老舗、東園@横浜中華街。
 オープンから40年以上の老舗です。
 どこの料理とこだわるわけではなく、中国中の料理が楽しめます。

 オーナーシェフが有名人らしく、横浜中華街で唯一「現代の名工」という称号を与えられているそうです。

 私はたぶん、15年ぶりくらいかな。結婚する前に、奥さんと入ったことがあったような気がします。
 お客さんは、サラリーマンと観光客が半々といった感じですね。
 
牛肉としめじのカレー炒め

牛肉としめじのカレー炒め(690円)


 ランチの中で、これがキラリと光って見えたので、チョイスしてみました。

 牛肉としめじと野菜の炒め物ですが、牛肉がゴロゴロ入っているし、カレー風味も絶妙。これは旨い。
 しかし、この価格帯のランチなのに、なんてお肉がしっかりしてるんだろう。

 スープは、昔懐かしいラーメンスープみたいな味がしましたが。ちょっとしょっぱかったな。


春巻き

 春巻きは間に合わなかったので、後から揚げたてが登場。
 カリッとして、これも美味しかったー。

 最後に杏仁豆腐が出て、ごちそうさま。このランチはお得感が凄かったです。



関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

posted by みやっち at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の昼食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178469472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック