2016年12月30日

本場の四川料理

杜記

 杜記@横浜中華街にて、今年最後の中華街ランチ。

 中華街の路地の更に路地。細くて素人は立ち入らない。観光客はまず来ないだろうという一角にあります。
 四川料理のお店でも、かなり大陸っぽい料理を出すお店です。
 細長い店内は、ギュウギュウ。席を入れられるだけ入れている感じですが、更にそれが満席なのです。凄い人気。

 全員が、辛い辛い言いながら食べております。
 真夏にここの「水煮魚片」を食べて、私もここの辛い料理がクセになっちゃったんですよね(笑)
 
魚香猪排

スープとか

魚香猪排ランチ(680円)


 ユーシャン豚ロース。なんだろう、酸っぱくって甘い、八宝菜的なメニュー?

 四川料理を求めて入ったので、チョイスとしては失敗しちゃったけれど、味はいい。
 たまに入っている鷹の爪が四川っぽさかな。後は、スープも絡め。
 辛さは、他のメニューが汗だらだらで食べるのに対して、これはピリッとするレベルで、子どもでも食べられるかもしれません。

 思いの外、豚肉がきちんと入っていて、嬉しかったなあ。

 そうそう、おかわりはできますが、ジャーは客席側にあるので、店員さんの忙しさによっては、自分で盛ってと言われるよう。

 料理はローテーションで作っているのか、私のだいぶ後に入ってきた人に先に提供されたり、かなり前後しての提供だったな。
 いやね、私は15分も待たされちゃって、会社に戻れるか不安になっちゃってね。ちょっと気になっちゃったのですが。
 次は、激辛メニューか刀削麺にしよう。ごちそうさま。



関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

posted by みやっち at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の昼食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178217270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック