2016年12月18日

横浜媽祖廟隣の普段使い中華

大三元酒家

 横浜媽祖廟の隣にある大三元酒家@横浜中華街。

 上海料理のお店で、なかなかの歴史を感じる外観なお店です。
 店頭では、肉まんなどを販売していて、そちらは食べ歩き用とお土産用があります。
 私は食べたことはありませんが、なかなか評判がいいらしいです。今度食べてみよう。

 店内は、観光客というよりも、常連さんが多かったかな。まあ、外観的に、玄人向けっぽい雰囲気は出てしまっていますからね(^^;
 
炸香辣鶏塊定食

炸香辣鶏塊定食(648円)


 中華料理の中国名は感じなので、文字から何となく想像はできるのですが、辛めの鶏の唐揚げとのこと。
 昨日、唐揚げか否かで迷ったことから、なんだか無性に唐揚げが食べたくなって、これにしてみました。

 辛いといっても上海料理、どのくらいかなと思ったら、これがまた全然辛くない(笑)
 ピリッとしたかな?くらい。下味もほどほどで、観光客向けのインパクトよりも常連さん向けって感じなのかな。

 衣サクサクで美味しい。これぞ中華料理店の唐揚げだよね。
 ただね、量が物足りない。これでもうちょっとあればなあ。まあ、この価格で出してくれてるわけだし、それは致し方ないよね。

 お櫃でご飯が出てきたお店は久しぶり。お櫃で出てくるお店は他にも重慶飯店なんかがありますが、いっぱい食べて良いよといわれている感じがして、いいですよね(笑)

 実は、ランチは肉団子と迷ったんですよね。今度は肉団子にしてみよう。ごちそうさま。



関連ランキング:上海料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

posted by みやっち at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の昼食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178082108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック