2016年05月02日

ドイツの伝統製法で作ったハム

ソーセージ&ハムステーキセット

 湘南祭のお昼その3。ハム工房ジロー。

 ドイツ人のカール・ブッチングハウス氏から伝授された伝統的なドイツの製法に忠実なハム屋さん。
 どこかで聞いたことがある話だなと思っていたら、同じく茅ヶ崎で有名や矢島ハムからの独立だそうです。
 両者は親戚なんだそう。

 なんでも、関西で有名なイノダコーヒーのハムは、特注なので製法は違うそうですが、ここで作っているハムだそう。

『ハム工房ジロー@湘南祭』

 ソーセージ&ハムステーキセット(500円)
 
 程良い燻香とジューシーで雑味のない旨味。
 繋ぎで味が損なわれることなど無く、純粋に肉の旨味。

 保存料や増量剤なども一切使っていない、本物の味
 こんなレベルの高いものが茅ヶ崎で食べられるなんて。
 ビールが欲しい。ごちそうさまでした。

ハム工房ジロー

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:その他 | 北茅ケ崎駅

posted by みやっち at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の昼食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175130785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック