2016年04月17日

ハロワ!

 意図せず2冊続けての公務員小説。
 今度は厚生労働省東京労働局。ハローワークのお仕事です。

 主人公はハローワーク宮台に嘱託職員として勤務する信。彼の一本筋の通った本質と、成長。
 人とは難しいものだなと思わせる内面のお話。
 ハローワークに来る人々、その対応のお話に見えて、ほぼ人の内面のお話なのが面白いです。
 逆に、ハローワークのお話として読み始めると、期待外れかもしれません。

 個人的には、小説の主題とは全然関係ないところですが、作中に出てくる生まれ順の本。ああ、その本持ってる!と思ったのが面白かったな、とか(笑)
posted by みやっち at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174938191
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック