2015年04月29日

祇園で餃子

天津飯

 大阪は千日前に本店を構える、餃子が有名な中華料理のチェーン店が、こちら。
 名前は知っていましたが、実際にいただくのはこれが初めてです。

 みんみんは、日本中に幾つかある「焼き餃子発祥の店」を標榜するお店の一つで、勿論、ウリも焼き餃子。
 関西の人は王将といい、餃子が好きですね。私も好きですが(笑)

 遅れて京都に着いた同行者と2人で、祇園まで夜の京都観光に来たのですが、ここで「ご飯は?」となったときに祇園の余りの「高さ」におじさん凍り付きました。
 いや、そんなに高くないけれども。フラッと入る額ではないですね。
 そこで、どうしようかなんて言いながら歩いていたら、目に入ったのがこちら。
 祇園まで行っておきながら、みんみんって(ノД`) 流石俺達。

 こちら、西のお店だという認識はあったのですが、まさかの東京に支店があったんですね。知らなかったorz
 でも、西で食べるのと東京で食べるのとは味が違うでしょうからね。と、納得することにします。

『aa 祇園店@祇園四条』

 天津飯セット800円
 
 餃子は食べるとして、メインを何にするか迷った末、天津飯にしてみることにしました。
 理由は、天津飯は東西で味付けが違うことと、単純に写真の天津飯が美味しそうだったから(笑)

 天津飯は、醤油ベースの味付けで、勿論関西風。
 味付けも関西風。というか、薄い?
 玉子はふんわりとした食感で美味しかったァ。


餃子二人前

 逆に餃子は…なんか中スカスカな気がするんですけども。
 皮にこだわって作っているそうで、強力粉100%なんだそうですが、なるほど、滑らかで旨いです。ただ、餃子同士が完全にくっついちゃって破けちゃいます。
 それに、餡が少ない気がしてならないのですが。旨味が抜けちゃってる?
 ちなみに、写真は二人前です。

 途中で入ってきた中国人観光客が余りに五月蠅く、走り回ったりするものだから、早々に退散。
 なるほど、こんな所に中華料理店って需要あるのかななんて思いましたが、こういうのもあるんですね。ただ、親父さん、明らかな中国訛りの日本語喋ってるのに、中国人観光客とは言葉が通じてなかったみたい。エリアが違うのかな。ごちそうさま。

aa 祇園店

夜総合点★★☆☆☆ 2.7



関連ランキング:中華料理 | 祇園四条駅三条京阪駅三条駅

posted by みやっち at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の夕食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124536565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック