2014年10月15日

最古の博多うどん店

ごぼう天うどん(520円)

 現存する博多うどんのお店の中で、最も歴史あるお店が、こちら。

 博多というとラーメンのイメージが強いですが、博多はうどん伝来の地であり、その歴史はかなり古くまで遡れます。
 江戸時代までは、屋台の夜鳴きうどんが主流だったそうですが、現在は店舗を構え、夕方には閉めてしまうお店の方が多いようです。

 こちらのお店、店名の由来は「角のうどん」が訛ったものなんだそう。
 まあ、そのまんまですね。

 店内は、昭和というか、大正?を意識した内装です。
 内装といい、店員さんの接客といい、完全に観光客馴れしている感じ。

『かろのうろん@祇園』
 
 ごぼう天うどん(520円)

 博多うどんというと、これが一番有名だということで、ごぼう天にしてみました。

 注文からあっと言う間に提供。
 昔は茹で置きしていたということですが、今はどうなんだろう。

 うどんと一緒にネギたっぷりの丼も置かれました。
 お好みでどうぞってことだよね?
 ネギ大好き人間ですが、とりあえず初めてなので、程々にしておきました。

 博多うどんはコシがないなんて言いますが、なるほど。確かに柔い。
 フワフワっとした食感て、ワンタンに近いものがあるかもしれません。
 元々、ちょっと柔茹でくらいの麺が好きな私としては、結構ドンピシャ(笑)

 お汁は節系と昆布のゴールデンコンビ。
 凄いダシ感があります。
 流石、西の料理はレベルが高いわ。

 トッピングしたごぼう天は、牛蒡のかき揚げ。
 下手なところで食べると、油がしつこくて気持ち悪くなったりしますが、ここのは軽やかでいいです。
 うどんともよくマッチしてる。旨いわ。

 しかし、神憑ってたなあ。
 ホテルを出て、一直線にこちらに来て、ごぼう天は最後の1人。
 博多のうどん、気に入っちゃった。
 関東でも食べられるかなあ。ごちそうさまでした。


外観(かろのうろん)


かろのうろん

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:うどん | 祇園駅中洲川端駅呉服町駅

posted by みやっち at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の夕食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104593028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック