2014年07月05日

横浜を代表する牛鍋の老舗

牛鍋定食(1,500円)

 横浜に老舗は多いですが、ここもそんなお店の一つ。
 文明開化の味がする、明治28年創業の老舗牛鍋店の唯一の支店です。

 本店は伊勢佐木町にあり、建物自体がかなり趣のある造りなのですが、こちらはマンションの1階フロアに入っています。
 ただ、内装は和の老舗を意識した感じ。

 私が関内勤務だった頃は、12時10分までにお店にたどり着いていなければ、まず食べることができないお店でした。
 久しぶりに関内で会議。お昼をここで食べるように、諸々調整しました(笑)
 しかし、噂によると、最近は以前ほどは混んでいないとか。

 入るとまず、下足番がいるので、靴を脱いで預けます。
 まず、ここからしてもう私の知っているお店の対応ではありません(^0^;)
 まあ、夜だと私にはとても来られるお店ではありませんからね。

 通された席は、畳敷きにテーブルのスタイル。
 このスタイルは、関内周辺に幾つかありますが、所謂高級店に多いと思います。

 客層は、主にお金に余裕のあるベテラン層です。
 あるいは、それらの人たちに連れられた、若い女性も多いですね。
 部下にいい格好をするには、お店の格的にもお値段的にもちょうどいいですからね(笑)

『荒井屋 万国橋店@馬車道』
 
メニュー

 牛鍋定食(1,500円)

 ここのウリである、牛鍋のランチをいただきました。
 しかし、メニューが以前と違う気がするなあ。
 もうちょっとリーズナブルなメニューもあったような。
 それが混まなくなった理由かなあ。

 牛鍋とは、所謂関東風すき焼きといわれるもの。
 割り下でお肉をグツグツ煮込んだものです。
 構成は、肉、ネギ、しらたき、豆腐。

 割り下に肉の旨味が溶けだして、鍋全体的に行き渡り、旨い!
 濃すぎずでもご飯が欲しい味付け。
 ちなみに、ランチはご飯おかわり無料です。ランチでは珍しく、お味噌汁も。そして、どちらも流石老舗という代物

 お刺身は小さかったけれど、脂がのって美味しい。
 コストパフォーマンスとしては考えてしまいますが、美味しい小鉢です。

 ランチタイムも仲居さんがしっかりと接客してくれます。ただ、人数的な問題か、ランチタイムのスピードにはあまり対応できていませんでしたが。
 でも、料理も接客も、ランチでは十分に素晴らしい内容でした。ごちそうさまでした。


外観


荒井屋 万國橋店

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:すき焼き | 馬車道駅日本大通り駅桜木町駅

posted by みやっち at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101296235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック