2014年06月22日

霞ヶ関の行列の出来る中華

マーボー豆腐定食(980円)

 頤和園とは、北京市にある世界遺産のこと。清朝の離宮として有名です。
 個人的には「蒼穹の昴」の影響で、西太后と光緒帝が真っ先に思い浮かびます。
 こちらのお店は、創業半世紀を数える四川料理の老舗です。

 あらかじめ調べていて、ランチタイムは長蛇の列とは知っていましたが。
 12時10分くらいに着いて、前客約15人、後客20人という恐ろしい列
 よっぽど諦めようかと思いましたが、私よりも後ろのスーツ姿の人が、全く同様なく並んでいたので、これはもしや簡単に捌ける量なのか?と、もう少し待ってみることにしました。
 なるほど、並ぶこと10分、私の番が回って参りました。箱が大きいから、回転がいいんですね。

 通されたのは、おそらくは通常個室として使用されているところ。
 かなり大きな丸テーブルに、相席と相成りました。

『頤和園 霞ヶ関店@虎ノ門』
 
 マーボー豆腐定食(980円)

 週替わりのランチメニューの一つ。四川料理のお店ということで、最初からこれを狙ってきました。
 ちなみに、一番人気は担々麺のようで、3分の1くらいのお客さんがそれを注文していました。
 しかし、私のポリシーとしてランチメニューがある場合はそちらから選びたいというものがあり、もう、問答無用で麻婆豆腐にした次第です。

 しばらくして、まずはお櫃とスープ、ザーサイが登場。
 ちなみに、ご飯は新潟産コシヒカリを使用しており、おかわり自由。
 スープは週替わりで、今週はなめこのスープでした。
 流石、霞ヶ関の一流店。どちらも満足の一品でした。


 メインの麻婆豆腐ですが、流石四川料理店。本格的な辛さを持ち合わせた、紛う事なき四川の麻婆豆腐でした。

 ちなみに、標準では花椒は入っておらず、自分で卓上のミルで自分の好きなだけ入れることが出来ます。
 自分では結構入れたつもりだったのですが、実際はそうでもなかったようで、大した痺れにはならず。うーん、いつものお店はいったいどのくらい入れてるんだろうか・・・。

 なかなか旨かったのですが、何というか。もう一発コクがあるともっといいな、とか。ごちそうさまでした。

頤和園 霞ヶ関店

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:中華料理 | 虎ノ門駅国会議事堂前駅溜池山王駅

posted by みやっち at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100160221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック