2019年12月05日

富士山191204

※12/4
富士山191204

 毎日、綺麗に富士山が見える季節になりました。しかし、寒いね。

 昨日、一昨日と会議、会議で身動きが取れなかったので、今日はたまった仕事を一斉に処理しなければ。
タグ:富士山
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の富士山

2019年12月04日

富士山191202

※12/2
DSC_8022.jpg

 今日も、綺麗な富士山。雪は少し溶けましたね。
 季節商売ではないのですが、12月は支店回りやら会議やら採用面接やらで、結構バタバタします。意外と忙しい。

 とりあえず、ボーナスまで頑張ろう。
タグ:富士山
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の富士山

2019年12月03日

幼女戦記3−The Finest Hour−

※8/14
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日 : 2014-11-29
 長いこと頭痛の種だったライン戦線が一気に片付く第3巻。

 マッドサイエンティスト、シューゲル主任技師の手による秘密兵器「V−1」。
 (使用者に対する)非人道的なその兵器は、回転ドア作戦を成功させる重要な兵器。これにより、見事に斬首作戦を成功させ、共和国は青息吐息。
 官僚たちを手玉に取った、「世界に冠たる我らがライヒ」の瞬間は、当事者であれば、なかなか気持ちいい瞬間だったでしょうね。

 この後、物語中盤以降も帝国を悩ませるド・ルーゴ将軍による大脱出劇と、それを阻止しようとして抗命罪を厭わない慌てぶりのデグレチャフ少佐。確かに、歴史を知っていればそうなりますよね。ここから南方戦役突入です。

 その他、メアリー・スーやロメール将軍の登場など、以降も重要な役割の登場人物が初登場です。
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月02日

幼女戦記2−Plus Ultra−

※5/10
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日 : 2014-05-31
 さて、分厚い戦争物の小説第2巻。
 ネットで見る限り、やはりこの本は読みにくいという感想が多いですね。私もそうです。他の小説の倍以上の時間がかかってます。1冊10日くらいのペース。このままだと予定どおり読み終わらなくて困る。

 さて、2巻は1巻で創設された第二〇三航空魔導大隊の初陣。大した考えもなく侵攻を開始したダキア公国軍の前近代的な軍隊を、見事なまでに標的にして、演習にしてるところがなんともはや。
 60万という規模で浮き足立つ参謀本部に対して、歩兵なぞ相手にならんと蹂躙する大隊。この小説のメイン舞台となる大隊の記念すべき初陣です。

 ダキアからノルデンへの転戦。ここでも圧倒的な大隊。参謀本部の空気を読んで、参謀会議を大荒れにする荒技。凄い図太い神経(笑)
 協商連合戦線は、揚陸作戦を成功させて、早くも終盤戦。キーパーソンのアンソン大佐も登場です。しかし、小説だとだいぶ扱いが雑なんだなあ。
 しかし、この辺りから最高統帥会議との溝ができてますね。

 最後は、ラインにまで飛ばされます。どこまでも便利使いですね。アレーヌでの非人道的な状況が、戦争なんだなあ、と。
 しかし、合理的に考えすぎて、また色々と誤解が生じてますね(笑)

 それにしても、かなりマニアックな軍事ネタが多くて半分以上、意味がわからん。
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年12月01日

こちら横浜市港湾局みなと振興課です

※11/1
 「ホワイトアウト」の真保裕一作品。あのダイナミックさが好きで、真保作品は何冊か読んでいるのですが、その中でもこれはライトなタッチの作品。

 横浜市役所の港湾局みなと振興課に勤める船津暁帆と、新採の城戸坂泰成の2人が、みなと振興課の周辺で起こる事件を解決していくというお話。
 公務員を主人公とした小説は、結構ステレオタイプな架空の「お役所」が舞台になることが多いですが、流石、公務員物を多く書いている作家だけあって、リアリティがあります。

 とはいえ、役所のお仕事小説ではなく、カテゴリとしてはミステリーなので、謎解きがメイン。ライトなものから始まって、最後は刑事事件に首を突っ込むという流れ。

 些か色々なところで話が寄り道したり、飛んだりしているなあと感じてストンとは来なかったですが、よく知っている場所が彼方此方で登場するので、横浜の中心部に縁のある方は特にのめり込めるかも。
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |