2019年10月15日

RDG(レッドデータガール)氷の靴 ガラスの靴(7)

 6巻で完結した、RDG(レッドデータガール)の短編集。
 相楽深行の視点から描かれた3つの短編と、宗田真響の視点から描かれた中編が1つ。
 短編3つはこれまでのお話で、中編の方は6巻から後の話。ほとんどがその中編で構成されています。

 鈴原泉水子視点から離れて相楽深行視点に移ると、まあやっぱりねという感じではありますが、色々と話の展開が変わってきますね。まあ、それはいいとして。

 この本の表題にもなっている、「氷の靴 ガラスの靴」です。
 お互いの気持ちを確認した鈴原泉水子と相楽深行の心の変化も面白いですし、宗田真響と宗田真夏の兄弟と戸隠の話をより深掘りしています。
 そして、真響がチーム姫神としての決心を固めた話。

 ここまで来ると、続編も進められるんじゃないかなという気がするんですが。実は、伏線ばかり張って、本体の話はないのかなという気もしているのですが。
タグ:荻原規子 RDG
posted by みやっち at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) |