2019年07月23日

下町ロケット3ゴースト

 「下町ロケット」シリーズの第3巻。
 今回は、トランスミッションのお話。でも、勿論難しい専門的な内容はほぼなし(笑)

 今回も、話の展開は帝国重工絡み。
 小型エンジンの大口取引先が別会社に奪われ、新規事業を立ち上げることとなった佃製作所の今回のミッションは、トランスミッションのバルブ。バルブに関しては、一日の長がある佃製作所。そこは、それほど難しくは描かれず。

 問題は、取引先の「ギアゴースト」。相手方弁護士は、このシリーズでずっと敵役の中川弁護士。
 池井戸潤作品は、悪役は徹底的に悪役にして、勧善懲悪の構図を作りますよね。今回も、ある程度予定調和。
 サラリーマンが、働くにあたって日々感じる理不尽を、見事に正論で崩していく。

 最後は次巻に繋げる作りになっていますね。完全にシリーズ化してますね。
posted by みやっち at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |