2018年08月07日

第39回サンタアニタT

TCK

 初の交流でない地方重賞レースにやって参りました。
 競馬場は、大井競馬場。レースは、サンタアニタトロフィー(SIII)です。

 アメリカの名門競馬場、サンタアニタパーク競馬場と大井競馬場が友好交流提携を結んだことを記念して、1996年に「関東盃」を改名して開催されているレースだそうです。
 ちなみに、サンタアニタパークの方では、東京シティカップ(GIII)が開催されているそうです。なるほど、「Winning Post」でレース名は見たことがありましたが、何でそんな名前のレースがあるんだろうかと思っておりました(^^;
 競馬場では、この開催週はサンタアニタウィークとして、様々な交流イベントが開催されています。

 先日の帝王賞が嘘のようにガラガラ。重賞でもこのくらいなら、快適に競馬を楽しめるなあ。大井競馬場は地方競馬としてはかなり大きい競馬場だし、何時間かいても楽しめる。今度は誰かと来てみよう。ホント、呑みながらでも悠々。

 馬の方はね、どの馬も地方馬ばかりでよくわかりませんでしたが。って当たり前か(笑)
 
続きを読む
posted by みやっち at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の競馬

味噌汁でカンパイ!(5)

 しばらく本屋さんへ行っていないうちに発売されていたようで。
 話がだんだんラブコメっぽくなっていた中での5巻は、学園ものの王道イベント「スキー教室」。
 私の本物のスキー教室は、ただひたすらスキーを滑っていただけ(首都圏出身者としてはそこそこ滑れたので、数人と山の上の上級者コースへ行って、時間まで降りてこなかった)なので、何のドキドキ感もなかったのですが、漫画だと色々と起こりますよね。漫画ですね(笑)

 しかし、どんなシチュエーションでもしっかりと味噌汁を絡めてくるところがこの漫画の凄いところ。今回は、納豆汁と芋煮。
 納豆汁は承知していますが、未だに食べたことなし。芋煮は学部生のときの親友が仙台出身だったので、多摩川でバーベキューならぬ芋煮会をやったことが懐かしい。あちらの人は、本当に芋煮に特別な感情がこもってますよね。

 なんだか本の感想ではなくなってしまいましたが、少しずつ展開していく5巻でした。
posted by みやっち at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) |